経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  観光ビジネス現場で見た心温まる小さな出来事  詳細

莫邦富的視点
観光ビジネス現場で見た心温まる小さな出来事

更新日:2010年10月26日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続ける莫氏によるコラムです。日本の観光現場で見た、ささやかだが心温まる思いを残してくれた2つの出来事を紹介しています。
 


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
莫邦富が案内する中国最新市場 22の地方都市
莫邦富が案内する
中国最新市場
22の地方都市

莫邦富著(海竜社刊)
価格¥1500
見た!聞いた!歩いた!徹底的な現地取材で得た「明日の星」22都市の市場魅力
 
バックナンバー一覧
 

上高地帝国ホテルの中国語パンフレット

今年5月、上高地を訪れた私は、到着早々いろいろなビューポイントをチェックしようと意気込んだ。宿泊先の上高地帝国ホテルの市川義明総支配人が周辺の観光情報を親切に紹介してくれた。

紹介が終わると、観光情報を満載したパンフレットや地図などの資料を渡してくれた。これらの資料をめくりながら、私は深く考えもせず「中国語のパンフレットや観光情報がありますか」と尋ねた。それを聞いた市川総支配人は、「申し訳ございません。まだありません」と謝った。

上高地の中国人観光客誘致はこれからだろうと思っていた私は、別にこれを問題にはしなかった。しかし、その時、市川総支配人のつぶやきが聞こえた。「そうですね。中国語のパンフレットを作らなくてははいけませんね」

もともと問題にしなかった私は、偶然耳にしたそのつぶやきのことをそれ以上は考えなかった。

上高地の訪問を終え、東京に帰った数日後、上高地帝国ホテルはホテルを紹介する中国語のパンフレットの作成に着手したと聞いた。市川総支配人のつぶやきがこうして企業の行動となった。

感動を覚えた。あのつぶやきは社交辞令的なものではなく、心の底からの声だと気付いたからだ。経営者の行動意識を現場でその目で確認した思いがした。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/