経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  「康師傅(カンシーフ)」のインスタントラーメンはなぜ売れたのか  詳細

莫邦富的視点
「康師傅(カンシーフ)」のインスタントラーメンはなぜ売れたのか
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2009年11月18日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続ける莫氏によるコラムです。
 日本でさえ、関東と関西ではインスタントラーメンの味付けに差がある。広大な中国では、その差は広範であり、また多様なものとなる。地域差を無視しては、食品ビジネスは思うに任せぬことになるという。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
鯛と羊
鯛と羊
日本と中国、食から見る文化の醍醐味

莫邦富著(海竜社)
価格¥1500(税込)
海洋国家と牧畜国家。魚の国と羊の国。食べものの違いでここまで文化が変わる! 生活が変わる! 発想が変わる。
 
バックナンバー一覧
 

シーフード風味とビーフ風味の競争

中国で「康師傅」といえば誰もがインスタントラーメンを連想する。頂新国際グループという台湾企業が経営する食品メーカーだ。1989年に中国本土に進出し、92年からインスタントラーメンの生産を始めた。台湾で無名の中小企業がわずか10年ほどで中国本土市場を制覇したことで、台湾の食品最大手である「統一企業」グループを圧倒し、ビジネス分野の成功物語を書き上げた。

中国本土のインスタントラーメン市場に突入したのは、両社ほとんど同時だった。統一は康師傅よりわずか2週間遅れて自社製のインスタントラーメンを発売した。しかし、明暗はそこから分かれた。

統一が台湾でもっとも人気の高いシーフード風味のインスタントラーメンを発売したのに対し、康師傅はビーフ風味のインスタントラーメンを売り出した。結果は康師傅の勝利だ。事前の市場調査で、北京・天津地域では醤油煮の牛肉味が一番喜ばれ、スペアリブ味、鳥味がその次に続き、シーフード風味人気が4位だという市場ニーズをつかんでいたのだ。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu): 1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/