経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  アメリカでの買い物体験  詳細

莫邦富的視点
アメリカでの買い物体験
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2009年10月21日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続ける莫氏によるコラムです。
 アメリカに留学している娘さんの学業と生活をチェックしようと、留学先であるニューヨークを4年ぶりに訪れた筆者。これまでも講演や取材などで何度かアメリカを訪問したが、いずれも仕事のための出張で、プライベートな用事は初めてだった。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
鯛と羊
鯛と羊
日本と中国、食から見る文化の醍醐味

莫邦富著(海竜社)
価格¥1500(税込)
海洋国家と牧畜国家。魚の国と羊の国。食べものの違いでここまで文化が変わる! 生活が変わる! 発想が変わる。
 
 
バックナンバー一覧
 

アメリカで日本の券売機を懐かしく思う

アメリカに留学している娘の学業と生活をチェックしようと、留学先であるニューヨークを4年ぶりに訪れた。これまでも講演や取材などで何度かアメリカを訪問したが、いずれも仕事のための出張だった。今回は期間こそ短かったものの、一生活者として滞在したので、いままで見ることができなかったアメリカを別の角度から垣間見ることができたように思う。

アメリカのサービスの悪さはすでに経験済みだったので、たいして驚かなかった。それでもスーパーで買い物の支払いをする時、レジにいた女性店員は目が完全に私とは別のところを見ていて、やや腹が立った。結局、最後の最後まで私とは目が合うことはなかった。娘がリビングに置くソファーを買ったが、小切手での支払いでも大丈夫だと確認していたのに、配達された当日になって現金でないといけないと言われ、ソファーを使えるようになったのはだいぶ後になってしまった。

娘はハドソン川に面するニュージャージーのニューポート町に住んでいる。マンハッタンがマンションの窓を飾る巨大な風景写真のようだ。マンハッタンに行くには、PATHという新交通を利用する。このPATHの乗車券自動販売機の前でいつも肝試しをすることになる。

1ドルちょっとの乗車券でもクレジットカードで購入できる。パネルには英語はもちろん、スペイン語、中国語、日本語など多くの言語を選択できるタッチスイッチが入っている。やはり移民社会だと感心しながら、クレジットカードを入れたところ認識されなかった。慌てて他のクレジットカードを差し込んでみたら、それでも無理だった。仕方なく横の券売機を利用してみた。今度はうまく行った。日本の駅にある券売機の利口さと敏感さをアメリカで懐かしく思った。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu): 1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/