経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  訪日中国人観光客にビジネスチャンスあり  詳細

莫邦富的視点
訪日中国人観光客にビジネスチャンスあり
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2009年09月24日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続ける莫氏によるコラムです。
08年、日本を訪れた中国人観光客は100万人の大台に載った。日本は観光客を海外に送り出す時代から、海外の観光客を日本に吸い寄せる時代へと変っていくことを踏まえ、莫氏は日本における観光ビジネスのあり方についての所感を述べている。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
鯛と羊
鯛と羊
日本と中国、食から見る文化の醍醐味

莫邦富著(海竜社)
価格¥1500(税込)
海洋国家と牧畜国家。魚の国と羊の国。食べものの違いでここまで文化が変わる! 生活が変わる! 発想が変わる。
 
 
バックナンバー一覧
 

訪日中国人観光客600万人の時代を迎える

2009年7月1日から、中国人観光客に対し、日本は個人ビザの発行に踏み切った。年収25万元以上という条件付きで、適用地域も上海など3つの都市に限った措置ではあるが、大きな一歩を踏み出したと評価していいだろう。1年間の実施状況を見て、来年7月以降は中国全土に適用範囲を広げるという。

経済低迷という事情もあって、日本各地からの中国人観光客に対する期待が高まっている。地元経済を何とか振興させたいという地方の切実な気持ちも伝わってくる。08年、日本を訪れた中国人観光客は100万人の大台を初めて超えた。20年までに、それを600万人規模にしようと日本側は意気軒高に狙っている。しかし、努力次第で観光ビジネスはもっと大きく発展できると思う。

次のデータを見てほしい。
08年、海外旅行に出かけた中国人は4600万人、香港を訪れた中国本土の観光客は1600万人もいる。つまり、46人に1人しか日本に来ていないことになる。日本が定めた20年の受け入れ目標も、08年に香港を訪問した中国本土の観光客の端数に過ぎないのだ。

そこにさらに、韓国そして世界からの観光客を加えると、ビジネスの規模はいっそう大きくなる。だから、日本の努力次第で観光ビジネスが大きく成長する可能性は十分にある、と私は主張したい。

日本は、日本人観光客を海外に送り出す時代から、海外の観光客を日本に吸い寄せる時代へと変っていく。そこで意識の転換が求められる。いかに外国人観光客の立場に立って、日本の受け入れ態勢を完全なものにするか。それが観光立国を目指す日本の将来を左右する大きな課題だ。


  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/