経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  訪日中国人観光客にビジネスチャンスあり  詳細

莫邦富的視点
訪日中国人観光客にビジネスチャンスあり
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2009年09月24日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続ける莫氏によるコラムです。
08年、日本を訪れた中国人観光客は100万人の大台に載った。日本は観光客を海外に送り出す時代から、海外の観光客を日本に吸い寄せる時代へと変っていくことを踏まえ、莫氏は日本における観光ビジネスのあり方についての所感を述べている。

   お気に入りに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 del.icio.us に追加 Buzzurl(バザール)に追加

 
著者新刊
とっさの接客フレーズブック
とっさの
接客フレーズブック

著者/訳者
莫邦富事務所/編
ジャパンタイムズ
価格 1,470円

外国人のお客様に日々応対されているサービス業の方々のためのフレーズ集です。

 
 
バックナンバー
 
訪日中国人観光客にビジネスチャンスあり
2009年09月24日
日本の外食は中国進出に活路を見出すべきだ
2009年08月26日
魚と羊を合体すれば「鮮」になる
2009年07月22日
なぜ私が蕪湖という町に関心をもったのか
2009年06月24日
企業誘致に失敗した遼寧省訪日団が残した課題
2009年05月27日
「製造業立国・日本の終焉」のご一読をお勧めする
2009年04月01日
ビジネス現場からのニュースレター
2009年03月04日
 
バックナンバー一覧
 

中国人ブロガーでアピールする日本の観光情報

嬉しいことに、ここ最近、いろいろなところで日本側のそうした努力と意欲を感じる場面に出合っている。

まず、ジャパンタイムズからの提案で、莫邦富事務所と共同で『とっさの接客フレーズブック』を出版した。中国語、韓国語、英語、日本語の四カ国を併記し、サービス現場ですぐに役立つ表現を満載している。本が店頭に並ぶと、すぐさま旅行関係者からこうした本がほしかったという声が届いた。

また、「Japan在線」という、中国語で日本の観光や留学などの情報を紹介しているサイトがある。この9月にはブログを立ち上げた。第一陣に登場した5人の書き手は全員、日本滞在期間の長い中国人だ。居住地も南は鹿児島から、北は北海道まで日本全土にわたる。日本通の彼らの目から、彼らの感覚から、日本の観光情報を中国語で日本観光の予備軍となる多くの中国人にアピールしている。

書き手のひとりである“唐辛子”さんは、「鳳凰衛視」(鳳凰衛星テレビ放送)という香港の衛星テレビ局が運営するサイト「鳳凰網」のブログで活躍している人気ブロガーだ。大阪に暮らす彼女は、女性ならではの感覚と視点で、写真を織り交ぜながら、日常生活や町の風景を通して日本社会を紹介する。NHKラジオに相当する中央人民広播電台の「全地球中国語放送ネットワーク」に準レギュラー出演し、ブログに取り上げた日本の紹介を、ラジオの電波に乗せて全世界に広がる中国語圏に届けている。

鹿児島に住む陳躍さんは、南日本新聞に詩を掲載したりしている作家だ。鹿児島の山という山をすべて制覇した、と豪語する彼は九州を熱く語る。

北海道大学の院生である魯強さんは、来日前にTBSテレビの上海支局に記者兼通訳として勤務した経験をもっている。彼は、「北国の春」という歌を通して、また中国映画『非誠勿擾』を通して、中国で広く知られる北海道をさらに生活者として掘り下げて紹介する。北海道の景色も観光ポイントはもちろん、北国の人たちの温かい人情も伝える。

東京の会社員である“桜吹雪”さんは、豊富な医学知識と商品知識を駆使して日本の化粧品や雑貨を紹介する。中国本土で彼女のブログを参考に買い物をしている読者も多い。福井放送局に勤める女性ブロガーは日本海のすべてを中国に紹介したいと意気込む。

ほかにも、私のところに相談に来た企業を見ても、中国人観光客を見つめる日本社会の視線の熱さを感じている。各地方のサインや案内用看板に書かれた中国語表記や表現をチェックするプロジェクトを立ち上げようとする企業もあれば、中国人観光客に群馬県や山梨県を売り出そうとする旅行社もある。

訪日中国人観光客にビジネスチャンスあり、とつくづく感じる。と同時に、観光はビジネスであると同時に、外交と民間交流でもある。こうしたムードを一過性のものでなく、持続的なものにしようと意欲をかきたてられる毎日である。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/