経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  魚と羊を合体すれば「鮮」になる  詳細

莫邦富的視点
魚と羊を合体すれば「鮮」になる
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2009年07月22日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続ける莫氏によるコラムです。
 中国語を母国語とする著者が、日本人も知らない日本語を駆使して、言語の奥行き、広さの面白さを縦横無尽に語った新刊を紹介しています。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
鯛と羊
鯛と羊
日本と中国、食から見る文化の醍醐味

莫邦富著(海竜社)
価格¥1500(税込)
海洋国家と牧畜国家。魚の国と羊の国。食べものの違いでここまで文化が変わる! 生活が変わる! 発想が変わる。
 
バックナンバー一覧
 

日中文化と言語の違いを凝縮した文字

新鮮の「鮮」という字を分解してみると、魚と羊になる。言いかえれば、魚と羊という2つのパーツで作り上げた製品が「鮮」という字だ。

漢字文化研究の大家、故白川静氏が著した『常用字解』(平凡社)によれば、「鮮」は、肉が新しいという意味が第一義で、そこからさらに視覚的に訴えて、「新しい、鮮やか」の意味に用いられるという。その典型例に、鮮麗(鮮やかで新しいこと)という語がある。また、「鮮少」という言葉があるように、「少ない」という意もある。

日中文化と言葉を語る時に、この「鮮」という文字がその両方の特徴をもっとも簡潔に言い表わしている。日本語は、魚に代表される海洋文化の色彩を色濃く帯びている。対して、中国語は、羊に象徴される牧畜文化が大きな影を落としている。

例えば、日本の「腐っても鯛」ということわざを中国語に訳すと、「痩死的駱駝比馬大」(痩せて死んだ駱駝は馬より大きい)となる。海の魚が陸の動物に変わってしまうのだ。日本は周りを海に囲まれた海洋国家、中国は狩猟民族の打ち立てた牧畜国家、ということを再認識させられる。

普段、私たちが何も考えずに使っている「美」という字を考えてみよう。美事、美食、美人など日常生活の中でよく使うこの文字だが、分解してみると、羊と大になる。羊が大きいことはイコール美しいということになる。「養」は羊と食からなる。羊を食う人は他人を養うだけの経済力がある、とつい連想してしまう。
善、祥、義など、価値観とつながる文字をよくよく見ると、羊の存在に気づく。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu): 1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/