経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  なぜ私が蕪湖という町に関心をもったのか  詳細

莫邦富的視点
なぜ私が蕪湖という町に関心をもったのか
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2009年06月24日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続ける莫氏によるコラムです。
 中国経済を支えるエンジンはこれまでは珠江デルタと長江デルタであるが、近年、中部地区の主要都市のも沿海部の主要都市のそれに負けないか、それ以上の勢いを見せている。しかし中部地区といっても広大だ。筆者はその中から蕪湖という町を取材先に選んだという。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
鯛と羊
鯛と羊
日本と中国、食から見る文化の醍醐味

莫邦富著(海竜社)
価格¥1500(税込)
海洋国家と牧畜国家。魚の国と羊の国。食べものの違いでここまで文化が変わる! 生活が変わる! 発想が変わる。
 
バックナンバー一覧
 

中部地方は中国経済を支える新しいエンジンになる

昨年秋、中国の山東省と安徽省を市場調査のため訪問した。ここ4、5年で、私が一番多く訪問したのは実は中国の中部地方だ。
中国経済を支えるエンジンはこれまでは珠江デルタ(香港、マカオの周りの地域)と長江デルタ(上海市と江蘇省南部・浙江省北部の周りの地域)だった。もちろん、この2つの地域はいまでも、これからも中国にとってかけがえのない一番重要なエンジンであり続けると思う。しかし、この2つのデルタのビジネスモデルは、海外輸出へ大きく依存するという問題を抱えている。

近年、中国商品の輸出は世界各地でいろいろな貿易摩擦を巻き起こし、政治と外交の問題にまで飛び火してしまうケースも少なくない。そこへ世界的金融危機に襲われ、輸出ビジネスの限界が露呈してしまった。

その意味では、中部地区の経済は内需依存型のビジネスモデルばかりでなく、沿海部に次ぐ豊かな地域であり、所得の向上に従って市場としての魅力を見せ始めている。経済成長率を見ると、中部地区の主要都市のすべてといってもいいほど、沿海部の主要都市のそれに負けないか、それ以上の勢いを見せている。中国経済を支える新しいエンジンになるのでは、と期待できるほどに存在感を増してきた。

以上は、私の中部地方に対する総合判断だ。その判断に基づいて頻繁に中部地方を回っている。

中部地方は、南から、湖南、湖北、江西、安徽、河南、山西の6省を指す。そのうち、山西省を除いたその他の5省に関心をもち、計画的に回るようにしている。

中部地方の各省に対しては、その省の中心となる省都とその省の中で発展の潜在力がある地方都市を1つか2つ調査対象に選んで、現場で丁寧にリサーチする。こうした調査で現場に対する皮膚感覚をもち、日本企業に提案したり、メディアで私の視点として紹介したりする。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu): 1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/