経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  ビジネス現場からのニュースレター  詳細

莫邦富的視点
ビジネス現場からのニュースレター
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2009年03月04日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続ける莫氏によるコラムです。
寸暇を惜しんで大量に届くビジネスレターに目を通しているという筆者。今回は、そのなかから得た収穫をもとに、上海で成功した企業と失敗した企業の違いを分析している。


 
莫邦富氏
 
バックナンバー
 
日本食品は海外進出の絶好のチャンスを掴め
2009年02月04日
中国語の使える携帯電話が日本に登場
2009年01月07日
中国の「二線都市」「三線都市」を狙え
2008年12月03日
三瓶山の馨りを放つ蜂蜜に感激
2008年11月05日
メダルを狙っていた北京の五輪競技施設
2008年09月11日
 
バックナンバー一覧
 

上海で成功した日系企業と失敗した日系企業

私のところには雑誌や新聞など月に60点ほどの印刷刊行物が届く。月刊誌や週刊誌、新聞から、宗教団体や市民団体が発行するニュースレターまでさまざまなものがあり、すべてに目を通すのは到底不可能である。それでもできるだけ情報を広く吸収したいという思いで、それこそトイレに行く時も利用するほど、なるべく時間を作っていろいろな書物を読むよう努力している。そこから意外な収穫を得ることも多い。

例えば、先日、高井伸夫法律事務所のニュースレター「Management Law Letter」09年新春号を読んだが、そこに掲載された文章に感銘を受けた。

ひとつは食品関連の日系企業のアンテナショップが集まる上海久光百貨店の営業部長永井竜司氏が書いた文章だ。同百貨店で成功した日系企業を通した、中国でのビジネスの成功と失敗の分水嶺についての永井氏の分析は面白い。

世界各国を回っている中国人富裕層は目が肥えている。成功企業の場合は、こうした客を満足させるために、「お客様の嗜好の二歩も三歩も先を考えて商品を企画し、生産ルートに乗せています」「現地用に企画対応した商品の取り揃えも怠りません。高いグレードを常に維持する努力を行なっております」

逆に失敗企業の場合は、「来店数、地域消費者年収、同業他社売上、商品回転数などの効率を求めた数字に振り回され、適正な商品内容での出店ができていない」「売れ筋の商品も日本本社に押さえられてしまい、不人気商品か安価商品で売り場を回そうとする」といった特徴をもつ。つまり、「日本本社の上海に対するコンセンサスが欠け、現地化が進んでいない」のだ。

成功例の多い台湾企業や韓国企業に学ぶべきだと暗に呼びかけると同時に、物があり余る中国で成功するためには、「日本では成功している一流ブランド商品であっても、こちら(中国)に入った瞬間はブランドではないこと」を認識すべきだ、とアドバイスしている。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu): 1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/